*

中学受験では計算問題は確実にとることです

中学受験で、算数の試験では、必ず、計算問題が出題されます。
受験する中学のレベルにもよりますが、計算は、比較的点数を取りやすいので、まずは確実に解かなくてはなりません。
学校の教科書での計算問題で、計算ミスがないように日頃から気をつけておくことが大切です。
せっかく、途中までできていてもわずかな勘違いで計算問題をミスし、目標としていた中学受験が残念な結果になってしまうこともありえます。
また、過去の入試問題の傾向から、どのような問題が出されるのを知ることは大切でしょう。
中学受験の問題が複雑な計算なのかあるいは割と簡単なのかによって勉強のやり方も変わってくるからです。
複雑な計算が出題される場合は、難関中学向けの問題集で勉強する必要があります。
ただ、一度目でやって終わるのでは意味がありません。
一度目やってできない問題をチェックして、後で二度目にチャレンジします。
できたら、それで合格にして、更にできない問題は三度目にチャレンジします。
このように一冊の問題集を完璧に理解するようにするような勉強方法が良いでしょう。
計算は確実に得点にすることです。
さらにこちら→http://www.qazvin-eng.com/で詳しく書かれています。



コメントする